映像資料をデジタル化|インターネットで引っ越しをスマートに終わらせよう

インターネットで引っ越しをスマートに終わらせよう

男性

映像資料をデジタル化

ディスク

安心の映像資料保存

広報目的などの映像資料、VHSなどのアナログメディアで保存されているものをデジタル化することで長期間の保管が可能です。DVDなどの光学メディアに比べてVHSなどのテープメディアは保管が難しくデリケートです。DVDやデジタルデータにダビングしておくことで大切な映像資料を残しておくことができます。DVDへダビングやデジタルデータ化は、変換のための機材を用意すれば業者でなくてもできますが、大変面倒で手間のかかる作業です。DVDなどへダビングや変換をしてくれる業者を利用したほうがコストも時間も節約できます。DVDへのダビングの申込みはネットからできます。宅配便でマスターテープを送るだけで、依頼するテープの本数にもよりますが数日で納入されます。

不要なシーン編集も

不要なシーンを多く含む映像資料はダビングの際に編集してもらうことも可能です。別途費用が発生しますが、編集を行うことでより使いやすい資料となります。未編集のものと編集したものを残しておけば、映像資料の有効活用が可能です。広報用の配布映像資料やスタッフの研修用資料など、大量のコピーが必要になるような映像資料もまとめて依頼することができます。DVDなどの配布に向いたメディアで映像資料を高品質でコストを安く用意することができます。DVDを作る作業はDVDに書き込めるドライブがあるパソコンなら可能ですが、一般的なDVDドライブは業務用のものと違い安定してDVDを作ることには向いていないのです。大量にコピーを用意したいケースもダビングサービスの利用が安心です。