記憶装置故障は業者に相談|インターネットで引っ越しをスマートに終わらせよう

インターネットで引っ越しをスマートに終わらせよう

男性

記憶装置故障は業者に相談

IT

トラブル発生時の初期対応

記憶装置にトラブルが発生した場合は、後のデータ復旧のためにも、きちんとした初期対応をすることが大切です。障害が起きたら、まずその状態をできるだけ詳細にメモなどに記しておきましょう。表示されるエラーメッセージや異常音など、詳細な状態を後で業者に伝えられるようにしておけば、より確実でスムーズなデータ復旧につながります。また、記憶装置を揺すったり、何度も再起動や強制終了を繰り返すといった行為は、事態を悪化させる可能性があります。状態を確認したら、できるだけ正常終了させることを心がけましょう。正常終了できない場合は強制終了をすることも考えますが、あくまで最終手段です。業者に連絡する際は、使用OS、媒体の種類、障害発生時の状況、などをわかりやすく正確に伝えましょう。

気になる料金

データ復旧で気になるのは、まず料金ではないでしょうか。最初に初期診断で、データ復旧の可否判断や、復旧できるデータのリスト作成、かかる費用の見積もりなどが行われます。これは、多くの業者で無料となっていますが、中には有料としているところもあります。無駄な費用をかけないためにも、無料の業者を選びたいものです。データ復旧自体の費用は、論理障害の場合は、一万から五万円程度におさまることが多いです。一方、物理障害では、四万程度から、数十万円かかるケースまで幅が広くなっています。部品の破損状態により、データ復旧の難易度が違うためです。多くの場合は高くても、十万円以内となるので、この価格を目安に業者選びをするとよいです。